名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

これであなたも名古屋通?2度目の名古屋におすすめのマイナー観光スポットまとめ!

名古屋城、名古屋市科学館、大ナゴヤビルヂング、名古屋港水族館、東山動植物園、名古屋ドーム、大須、栄etc……。「そんな有名観光スポットは名古屋初日に周ってしまったよ!」という方はいらっしゃいませんか?

 

確かに、これだけ行けば、あなたは立派に名古屋を楽しんだと言えるかもしれません。

 

ただ、まだまだ名古屋には面白いマイナースポットがたくさんあります。というか、この辺を行っていないと、まだ「名古屋を知っている!」というにはほど遠いと言えるほど、"名古屋らしい"スポットがたくさんあるのです。

 

そこで今回は、2度目以降の名古屋観光におすすめな観光スポットを一部だけご紹介したいと思います。

 

中央市場総合食品センター(名古屋駅)

名古屋駅より東側に歩いて5分ほど。こんなにもアクセスの良い立地にあるのに、なかなか観光雑誌に取り上げられないスポットが「中央市場総合食品センター」です。別名、「柳橋中央市場」とも言われます。

 

f:id:kikkafe:20160802103928j:plain

 

文字通り、業者さん用の市場なのですが、一般の人も入場していろいろと商品を買うことができます。市場というだけあって、新鮮な食材ばかり。なかなかその場で食べられる食品は多くありませんが、そこは周りに食事ができる飲食店があるので、大丈夫でしょう。

 

子連れには絶対おすすめしませんが、「丸八寿司」という絶対に話のタネにはなるお寿司屋さんもこの市場の周辺にあるので、そちらもどうぞ。

 

ちなみに、事前に申し込めば市場内を周れるツアーなどもあるので、そちらも興味があれば利用してみると良いかもしれません。

基本ツアー

市場構内を見学していくツアーです(案内つき)

金・土曜 8時20分~10時半

1名につき1500円

 

お食事ツアー

市場構内を巡った後、お寿司を食べるツアーです。

金・土曜 11時~12時

1名につき3500円

 

円頓寺商店街~那古野(国際センター)

国際センター駅から徒歩7,8分。最近、地域振興で盛り上がっていることもあり、名古屋のローカル番組などで何回も取り上げられているのが、ここ。那古野(なごの)~円頓寺商店街のエリアです。

 

f:id:kikkafe:20160802121533j:plain

 

言ってしまえばただの商店街なのですが、昔ながらのどこか懐かしい空気の中に、地域を盛り上げようという若者たちの新しいお店が少しずつ入り混じっていて、おもしろいエリア。

 

もともとはお菓子の問屋街だったこともあり、業務用のお菓子を販売している問屋さんの姿を各所で見ることができます。現状はまだ開発中といった感じですが、これから面白くなるスポットですし、昔ながらの名古屋の姿を見たいという方にはおすすめ

 

伏見駅地下街(伏見駅)

名古屋には、名古屋駅地下や栄地下などいくつかの地下街がありますが、ここは飛びぬけて異質な地下街。本当に"異質"という言葉がよく似合います。

 

f:id:kikkafe:20160802104739j:plain

 

地下鉄「伏見」駅構内から直結しているので、アクセスは抜群。なのに、どこか賑やかさよりもアンダーグラウンドな印象を抱かせる空間。ただ、少し前まではシャッター街だったのですが、最近では立ち飲み屋やハンバーガー屋、コーヒースタンドなどに格安で物件を貸しているため、店舗もたくさん入って少し賑やかな空気になりました。

 

伏見地下街のアングラな空気は少し薄れましたが、まだまだマニアックな本屋さんや何のためにあるのか分からない部屋など、いくつか面白スポットがあるので、そういった雰囲気が好きな方は訪ねてみては?

 

夜の今池駅エリア(今池駅)

アンダーグラウンドな空気と言えば、今回ご紹介するなかでは一番ここがアングラかもしれません。名古屋の飲み屋街と言えば、栄を紹介することが多いでしょうが、名古屋の地元の人だと、今池駅周辺を利用する方も少なくありません。どちらかと言えば夜の街

 

この街の雰囲気を簡単にまとめるなら、雑多。栄ほど洗練されているわけではありませんが、格安のお店などがたくさん並んでおり、格安で美味しい居酒屋に行きたい!という方には栄以上におすすめです。

 

もしもどこに行けばいいか分からないのであれば、「今池屋台」や「かっぱの茶の間」、「すし旬」に「魚とん」あたりを訪ねてみると良いでしょう。安くて美味しい料理やお酒があなたを待っています。

 

f:id:kikkafe:20160802122105j:plain

 

覚王山商店街~日泰寺(覚王山駅)

今回ご紹介するなかでは珍しく子ども連れでも楽しめるエリアでしょうか。名古屋外の方はあまり知らないかもしれませんが、名古屋で「覚王山に住んでいる」と言うと、一目置かれます。

 

f:id:kikkafe:20160802110436j:plain

 

その理由は名古屋の一番オシャレなスポットとして覚王山が取り上げられることが多いため。なかでも、日泰寺へ続く覚王山商店街は、新しいカフェや昔ながらの定食屋さんが入り混じる面白スポットです。

 

「日泰寺」というタイに本堂がある国内唯一のお寺、「覚王山アパート」に「揚輝荘」とフラリと見て回れるスポットも多いので、今回ご紹介するなかでもかなりおすすめのスポットです。

 

八事~興正寺(八事駅)

こちらも覚王山に引き続き、名古屋の高級住宅街の1つ。こちらのエリアは覚王山に比べると雑多な雰囲気がありますが、飲食店もけっこうあるので、フラリと立ち寄って入るお店に困るということはないでしょう。

 

八事駅に来たら、ぜひ行ってほしいのが八事駅から徒歩2分ほどのところにある「興正寺」。真言宗系のお寺なのですが、雰囲気はお寺というより庭園といった感じのどこか華やかな空間

 

f:id:kikkafe:20160802111059j:plain

f:id:kikkafe:20160802111109j:plain

 

庭園内にはエレベーターや花壇、水場などがあり、「これが本当にお寺!?」と一瞬思ってしまうほどの広々とした雰囲気です。こちらのお寺は訪ねる方を増やすためにいろいろなイベントを組んでいるので、そういった取り組みのおかげなのかもしれません。

 

その他の観光スポット

その他に観光におすすめなスポットとしては、「アサヒビール名古屋工場見学」や「トヨタ産業技術記念館」あたりがいいでしょう。

 

いずれもお子様連れには少しだけ厳しいかもしれませんが、ビールの無料試飲ができたり、日本の繊維産業にどのようにトヨタがかかわってきたかなどが勉強できたりと、メジャースポットとは言いがたいですが、大人の工場見学としてはけっこう楽しめます

 

一方で、お子様連れやカップルにおすすめなのが、名古屋市から少し外れた長久手市の「サツキとメイの家」。となりのトトロに出てきたサツキたちの家を完全再現した施設です。

 

f:id:kikkafe:20160802122756j:plain

 

隣の市と言っても、名古屋駅からは東山線とモノレールを乗り継いで行けるので、車を持っていない方でもアクセスのいいスポットですので、興味のある方は訪ねてみてはいかがでしょうか。