読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

松本市で格安のビジネスホテル。安くすませたいなら、レトロな『ホテルマツモトよろづや』がおすすめ!

ホテル 長野県 旅行

大学時代は松本市で暮らしていた私。ある意味、私の人生観を形作った大事な場所でもあり、第二の故郷と言っても過言ではありません。そんな松本なので、名古屋在住の私はときどき、ふらりと松本に遊びに行くことがあります。

 

そんな松本に、大学時代を共に過ごし、同じく名古屋に住んでいる友人と一緒に遊びに行くことが決定。これが女性だったらななどと叶わぬ願望を抱きながら、名古屋駅から高速バスで3時間。到着しました長野県は松本市。

 

今回宿泊したのは、松本駅から徒歩で10分ほどの位置にある『ホテルマツモトよろづや』さん。今回は知人が大学院生であまりお金がないということを考慮し、かなり格安のビジネスホテルを予約しました。

 

松本市最安クラスの『ホテルマツモトよろづや』レビュー&口コミ

 

 

宿泊期間: 12月上旬

料金: 2700円(5400円/2人)

予約日: 1週間前予約

宿泊人数: 2人


こちらのホテル。松本市内のホテルの中でも、松本駅から少し離れたところにあります。1泊の料金が1人あたり2700円と格安なのはそのおかげでしょうか。少し離れたといってもほんの数分程度ですから、このぐらいなら私は全然歩きます。

 

だってね、2700円って、今日びカプセルホテルでも同じぐらいの料金は取られますよ。ビジネスホテルなら万々歳の価格です。東京や大阪はなかなかホテルが取れなくなって価格も高騰しているというのに、地方ビジネスホテル万歳です。

 

そんなホテルマツモトよろづやさんは、川沿いに面した小じんまりとしたビジネスホテル。少し可愛らしいロゴの看板が飾られた中に入ると、そこにはすごくレトロでお洒落な空間が広がっていました。

 

f:id:kikkafe:20160526190226j:plain

f:id:kikkafe:20160526190232j:plain

 

うん、いいですね。ビジネスホテルの中には、どちらかというと"古臭い"イメージのものも少なくありませんが、こちらは西洋レトロなオシャレな空間。ホテルと併設してあるのが喫茶店というのもグッドです。

 

ちなみに、今回は食事はしませんでしたが、こちらの喫茶店では長野県産の食材を使った鍋なども振る舞われているそう。街中で特に食事などをしてこなかった人は利用してみるのもいいかもしれません。

 

ホテルの館内も全体的にレトロで、お部屋のほうもキレイな印象。これだけ格安のお宿だと、ときどきとんでもないビジネスホテルもあるものですが、これだけ丁寧に掃除が行き届いていれば、古い事なんて何にも気になりません。

 

f:id:kikkafe:20160526190237j:plain

 

個人的には、立地条件を差し引いても、ロビーのオシャレさ、そして何より素泊まりの格安さで、コストパフォーマンスの良いホテルと判断していいと感じました。

 

わざわざこのホテルに泊まりに県外から訪ねるほどではありませんが、松本周辺でホテルに悩んでいる人は、ホテルマツモトよろづやさんをぜひ利用してみてはいかがでしょうか。