読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

子連れは悩むが良いホテル。沖縄の年越しをホテルタイラで過ごしてきました

いつもと変わらない年越しを実家で。

 

そんな年越しの姿にも少し飽きてきた20代。とはいえ、年越しを海外旅行でなんてほどのセレブリティに憧れているわけでもありません。いつもの年越しとは違うけれど、少しだけ贅沢をなんて考えていた私が思いついたのは、「そうだ、沖縄行こう」という発想。

 

沖縄の年越しであれば、普段とは違うナニカがあることを期待し、今年は沖縄の『ホテル タイラ』さんで年越しをしてきました。

 

ホテルタイラでの年越し宿泊

 

宿泊期間:12月31日~1月4日

料金: 3300円(1人1泊)

予約日: 3週間前予約

宿泊人数6人(子ども有)

 

さてさて、このホテルタイラさん。格安ホテルで安くすませたい人にはありがたいのですが、いくつか問題点があります。その1つが、少しだけ駅から遠いこと。ゆいレールの「県庁前」駅を下車してから徒歩で10分ほど歩かなければなりません。

 

今回は、兄の子どもたちも連れての宿泊だったので、総勢6名。この大人数だと、タクシーを使おうが電車を使おうがそう値段は変わらないと判断し、那覇空港からビッグタクシーをレンタルしてホテルタイラさんへと乗り付けました。

 

実際、空港からのタクシー料金は2000円も行かなかったので、数人いればタクシーのほうがお得だと思います。さすが沖縄のタクシー価格。これなら駅からの距離も気になりません。むしろ、国際通りに近いので、観光にはもってこいのベストポイントです。

 

室内もキレイで、少し古い建物ですが、清掃もきちんと行き届いているので汚らしいなんてことはありません。お正月ということで、ロビーもキレイに飾られています。個人的には、お部屋に置いてあるさんぴん茶のティーバッグがグッドでした。

 

f:id:kikkafe:20160525200647j:plain

f:id:kikkafe:20160525200613j:plain

 

ただ、もう1つこのホテルというか、ホテルの周辺環境に不満があるとすれば、あまりガラのよろしくないエリアにこのホテルがあること。無料案内所やらキャッチが多く歩いており、若者が地べたに座って騒いでいたりと、夜に子どもを連れ歩くのには少し不安が残ります。

 

とはいえ、ホテルとしては全く問題ありませんし、スタッフさんも感じが良い人ばかりです。大人が1人で出歩く程度には問題ないので、1人(もしくは大人2人)旅で、安宿だけれどもそれなりのホテルに泊まりたいという人にはおススメです。

 

お正月に泊まると沖縄そばと書初め体験が

ちなみに、正月だけだとは思いますが、こちらのホテルタイラさんに大晦日に泊まると嬉しい体験がいくつかあります。その1つが年越し沖縄そば。

 

ロビーには、沖縄そばのフリースペースがあり、そこでは10時まで沖縄そばを作って食べることができるのです。

 

f:id:kikkafe:20160525200707j:plain

f:id:kikkafe:20160525200620j:plain

 

めちゃくちゃ美味いというわけではないのですが、なんとなく嬉しくなるこの気分。非日常を求めて沖縄の正月を過ごしているので、こういう心遣いは嬉しく思います。たまにならこんな正月も良いものですね。グッと観光気分が高まりました。

 

そして、年をあけてロビーに行ってみると、今度は書初めコーナーまで。今回私は利用しませんでしたが、3が日の間はホテルで1食1000円で沖縄おせちも振る舞っているよう。お正月に泊まるのには、とても良いホテルだと思います。

 

他にも、お正月の沖縄ではいろいろなレストランで正月沖縄料理が振る舞われていますし、観光施設も元旦初日から空いているので、よそから来た私にとっては大満足の旅行でした。

 

沖縄の正月に興味のある方は『ホテル タイラ』さんへ宿泊してみてはいかがでしょうか。