読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

Kindle Unlimitedで作家はどうやって収入を得るのか?執筆者を応援したいなら本を読もう!

Amazon 雑感

月額980円で、Unlimitedに登録されている1万2000冊の本が読み放題。

 

こんなうたい文句でネットを大きく賑わせているKindle Unlimitedサービス。確かに読者にとっては本が読み放題でうれしいサービスなのですが、一方で作家にとっては違うかもしれません。

 

「Unlimitedに登録している個別の作家や漫画家には1円も収入が入らないのではないか?」そう思ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、Unlimitedで作家に収入が入るシステムをご紹介します。

 

作家の収入は歩合制

印税収入という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、まず紙媒体の本の場合、基本的に作家の収入は歩合制です。つまり、本が売れれば売れるほど手元にお金が入ります。その割合は出版社によっても違いますが、一般的に10%前後、もしくはそれ以下だと言われます。

 

1冊1000円で販売したら、約100円が作家の手元に残るわけです。

 

こうした仕組み自体は、Kindleのような電子書籍でも変わりません。

 

f:id:kikkafe:20160803143828p:plain

 

ですが、Kindleの場合、特に条件をクリアしなくてもロイヤリティは35%

 

加えて、Kindleに出版する際には、もう一つ「KDPセレクト」というシステムを選べるのですが、"売値は1250円以下"で"Kindleで独占販売をする"というKDPセレクトに加盟した場合は、ロイヤリティが70%にもなるのです。

 

「KDP(Kindle Direct Publishing)」という言葉が一時期ネットでも流行りましたが、「Kindleで電子書籍を出版して収入を得よう!」といったサービスや副業が流行ったのはこのためですね。

 

Kindleと独占契約状態であれば、1000円で販売した本が1冊売れるたびに700円入ってくるわけです。紙媒体に比べれば、作家にとっては7倍以上の収入。これはとても魅力的と言えるでしょう。

 

ただ、こんな中に作品自体の値段は0円で、月額制のKindle Unlimitedというサービスが入ってきたのです。

 

Kindle Unlimitedでも、作家は変わらず歩合制

Kindle Unlimitedの場合、作家には本が読まれたページ数に応じて収益が入ります。つまり1冊単位ではなく、1ページ単位で収入が入ってくるわけです。

 

ただ、このページ数は紙のページ数とは厳密には異なるらしく、「Kindle Edition Normalized Page Count (KENPC)」という、Amazon社独自の基準で算出されたページ数が使用されるとのこと。

 

また、1ページあたりの単価は今のところ明らかにされていませんが、個人作家の方によると、1ページ0.8円ぐらいではないかとのことです。※これはコミックや雑誌など、ジャンルによって違う可能性があるので、あくまでお1人の体験談としてみてください。

 

ちなみに、「KENPCとやらが紙のページ数より少なかったら、Amazonが不当に収益を減らしているのではないか!」と思われるかもしれませんが、先ほどの作家さんによると、KENPCのページ数は、紙のページ数の約1.7倍程度で計算されていたとのこと。

 

フォントや行間などが異なる本同士を、一律でできるだけ同じように評価できるような仕組みであって、KENPC自体はページ数を単純に減らそうというシステムではないのでしょう。

 

積読して欲しくない作家側の意見

さて、こうなってくると作家側としては一番つらいのが「ダウンロードをたくさんされたはいいけど、全く読まれない」という状態です。紙媒体だと「売れさえすれば、読まれなくてもよかった」わけですが、読まれない状態が一番辛いわけです。

 

いわゆる積読(つんどく)というやつですね。

 

実際、KDPを行っているフリーライターの方がこれに関してツイッターで意見と読者への要望をつぶやいています。

 

 

もちろん、ダウンロードした本を読むか読まないかは読者の自由であることに間違いないのですが、もしもその作家&雑誌を応援したいと思うのであれば、実際にその本に目を通して形にしていくことが大事だと言えるでしょう。