読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

アフィリエイトに登録するならどこがおすすめ?アフィリエイト歴1年以上の私がASP各社をまとめて徹底比較!

ブログ アフィリエイト

この記事を読んでいる方は、これからアフィリエイトを始めてみたいという方だと思います。ただ、正直「なにから始めていけばいいのか分からない」という方がほとんどでしょう。

 

そこで今回は、アフィリエイトで収益を得るにはどうすればいいのか、アフィリエイトを始めるならどこのサービスがおすすめかなどをご紹介したいと思います。少なくとも、アフィリエイトで個人事業主を2年近く続けて複数のブログを運営してきた視点のレビューなので、参考になる部分もあるかと思います(※このブログはそのうちの1つです)。

 

アフィリエイトの種類と比較

まず、アフィリエイトと一口に言っても、そのタイプには大きく分けて以下の3つがあります。

 

ページビュー広告(忍者Admaxなど)

 -広告を張ったページが見られれば収益が発生

クリック広告(Google AdSenseなど)

 -ページに張った広告がクリックされると収益が発生

成果報酬広告(Amazonアソシエイトなど)

 -ページに張った広告を読者がクリックし、商品が売れると収益が発生

 

各広告の収入の発生しやすさを比較すると、「ページビュー広告>クリック広告>成果報酬広告」の順番になります。当然、ページビュー広告は見られさえすれば収益が発生するので、収益は発生しやすくなります。逆に成果報酬広告は、商品を売るかサービスに登録してもらう必要があるので、一番難しい広告になります。

 

「じゃあ、初心者にはページビュー広告がおすすめだね」

 

……と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。逆に、収益面でみると「成果報酬広告>クリック広告>ページビュー広告」となるからです。正直言えば、ページビュー広告だけでは月間収入は1000円前後が限界でしょう。副業収入としてはさすがに寂しい数字です。

 

一方で、アフィリエイトで月にうん十万、うん百万と収益を得る人たちのほとんどが成果報酬広告を使用しています。そのぐらい収益には差があると思ってください。

 

ですので、ここでは基本的に成果報酬型のアフィリエイトのみを紹介していきたいと思います。

 

広告主と直接契約するタイプのアフィリエイト

まず、成果報酬型のアフィリエイトを始めるにあたって重要なのが、広告主との契約です。その際に、①広告主に直接サイト審査をお願いするか、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と呼ばれる、広告主とアフィリエイターを仲介するサービスに登録するかといった2つの選択肢があることを知ることが重要です。

 

まず、広告主に直接サイト登録をお願いするパターンとしては、Amazonが運営する「Amazonアソシエイト」、楽天が運営する「楽天アフィリエイト」あたりが有名でしょう。

 

f:id:kikkafe:20160804133052p:plain

f:id:kikkafe:20160804133658p:plain

 

アフィリエイトに興味のあるみなさんなら、ブログやサイトでAmazonの商品を紹介していたり、楽天トラベルのホテルが紹介されていたのを見たことがあるかもしれません。

 

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!

【楽天アフィリエイト】日本最大級のアフィリエイトプログラム

 

あれが、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトと呼ばれるものです。ただ、Amazonや楽天は直接サイト登録をしているだけでなく、ASPを仲介したサイト登録もしています。

 

のちほどご紹介しますが、A8.netやもしもアフィリエイトなどはAmazonや楽天のプログラムも紹介しているので、こちらに登録したうえでAmazonや楽天の商品を紹介するのもいいでしょう。

 

ASPを仲介すると、少し報酬額が下がりますが、一方でAmazonなどに直接サイト審査をお願いするよりも審査がゆるくなると言われています。始めたばかりのブログやサイトでAmazonの審査に通る自信がない方は、A8やもしもといったASPを利用するといいでしょう。

 

ちなみに、広告主が直接アフィリエイターを募集しているパターンとして、ほかには「iTunesアフィリエイト」や「Adobeアフィリエイト」などがあります。

 

ASP各社のまとめと各社の特徴を比較

そして広告主と直接契約する以外のもう一つのパターンが、先ほど言ったASPと呼ばれる「アフィリエイターと広告主を仲介するサービス」にブログやサイトを登録するパターンです。

 

むしろ、アフィリエイトをやる場合、Amazonや楽天など広告主と直接契約するほうが例外で、本来はASPに登録して広告主を探すのが一般的です。

 

そこで重要になってくるのがASP選び。もちろんASPへの登録・利用はすべて無料なので、全部に登録してもらってもいいのですが、まずは初心者ならいくつかのASPに決めて、それらを利用しつつ、少しずつ登録していくASPを増やしていくのがおすすめです。

 

そこで、まずはメジャーなASPや少しマイナーなASPを、私の視点からまとめて比較してみたので、それぞれ参考にしてみてください。

 

エーハチドットネット(a8.net)審査なし

ASP業界最大級のA8.net 。利用者も多く、イベントなども全国的に何度も開催しています。利用者が多いということは、広告主も多いということで、特定のジャンルに偏らない幅広い利用ができます。

 

個人的におすすめするなら、まず悩むよりここには絶対登録しておいたほうがいいと言えるでしょう。A8.net はサイトやブログの登録に審査がないので、初心者が一番初めに利用するのにおすすめだと言えます。

 

モバハチドットネット(moba8.net)審査なし

Moba8.net という名前から想像できるかもしれませんが、A8.netの関連サービスであり、A8よりモバイル(スマートフォン)に特化したASPです。

そのため、アプリ系の広告に強い傾向にあります。ゲームアプリや地図アプリ、出会い系アプリetc……と、アプリ市場は広く、人気のアプリならアクセスの爆発も狙えます。A8とは違う広告も少しあるので、A8が気に入ったという方は、Moba8.net も一緒に利用して損はないでしょう。

 

バリューコマース(value commerce)審査あり

バリューコマースはA8と並ぶ業界最大級のASPの一つです。Yahooと提携しているASPであり、Yahoo!ショッピングやヤフオクの商品を紹介したいなら、ここのASPを利用するしかありません。

 

また、A8と並ぶ"業界最大級"をうたうだけあり、A8や他社にはない広告も多く、初心者向きです。少し管理画面が利用しづらいというデメリットはありますが、バリューコマースの広告数の多さはそれを補って余りあるメリットでしょう。

 

アフィリエイトB 審査あり

アフィリエイト協議会の調査結果で、アフィリエイターたちから満足度が最も高いという評価を得たのがこのアフィリエイトBです。大手ではないため、必ずしも広告主の数が多いとは言えませんが、サービスやサポートが手厚いASPです。

 

アフィリエイターの満足度が高いというだけあって、成果がある程度発生すると、ASPの側から特単(特別単価)の連絡などをしてきてくれます。ふつうは、得単の申請はアフィリエイター側からしなければいけないのですが、このあたりはありがたいサービス。

 

広告主とアフィリエイターの仲介役を積極的に買って出てくれるので、アフィリエイトBは単純な広告主の数以上の魅力があると思います。

 

アクセストレード(Access Trade)審査あり

某プロブロガーのイケダハヤトさんが、よく成果を報告しているのがアクセストレード、A8やバリューコマースほどではありませんが、広告主の数も業界ではかなり多いASPです。

 

「ふるさと納税のアフィリエイト」や「地域おこし協力隊のアフィリエイト」など、他社にはなく、珍しくて魅力的な広告主が多数いるため、アクセストレードは利用して損はないはず。

 

もしもアフィリエイト 審査あり

W報酬制度という制度を採用しており、売り上げの10%をさらに上乗せで支払ってくれるASPがもしもアフィリエイト。広告主の数より、限定された広告数ながらも広告プログラムの単価や成果報酬が魅力のASPです。

 

あとは、サイトを登録すると、もしもアフィリエイトがそのサイトのキーワードを自動で抽出し、それに合った広告主を紹介してくれるサービスなどもあります。広告主を探すのが面倒な方や初心者におすすめです。

 

最近では、Amazonアソシエイトのサイト審査が厳しくなってきており、なかなか審査に通らないという方がもしもアフィリエイトを経由してAmazonプログラムを利用しています。

 

ジャネット(Jannet)審査あり

必ずしも広告主の数が多いわけではなく、管理画面も昔ながらの少し使い勝手の悪いASPがジャネット。これだけ聞くとネガティブな印象ですが、実はけっこうかゆいところに手が届くASPです。

 

特に、銀行やクレジットカードなど高単価の案件では、他社ASPにはない独自の案件を抱えていたりと、案外隠れた実力者。

アフィリエイトのJANet(ジャネット)

 

リンクシェア(Link Share)審査あり

楽天が運営するASPのリンクシェア。銀行系やクレジットカード系の広告主が多めですが、管理画面や使い勝手は少し悪め。ただ、PCのメーカーなど、デジモノ案件も抱えているので、そういったガジェット系のブログ・サイトを運営したい方にはおすすめ

アフィリエイトなら、安心と信頼で世界の企業に選ばれるリンクシェア

 

バナーブリッジ(Banner Bridge)審査あり

アダルト系のアフィリエイトや漫画・コミック系のアフィリエイト、サブカル系のアフィリエイトをやりたい方におすすめなのがバナーブリッジ。少しアングラな感じのジャンルですが、意外と中身はまともです。

 

広告主のジャンルにけっこう偏りがあるため、オールマイティに活躍というわけにはいきませんが、「ニコニコ動画の有料会員登録」など魅力的な広告主もあるため、ハマる人にはハマるASPです。

副収入・副業に最適!効果抜群の成果報酬型広告!|アフィリエイトのバナーブリッジ

 

レントラックス(Rentracks)審査あり

今回ご紹介するなかでは、唯一のクローズドASPです。クローズドASPとは、本来、アフィリエイター側から登録申請するのではなく、ASPが「この人に広告を掲載してほしい!」と決めたアフィリエイターだけに連絡をするASPで、以前までは収益の高いスーパーアフィリエイターしか登録できないとされてきました。

 

「じゃあ、初心者向けじゃないじゃないか」と言われるかもしれませんが、最近になってアフィリエイトフレンズというアフィリエイターとASPの共同団体が結成され、そこに無料登録しさえすれば、レントラックスにもすぐ登録できるようになりました。

 

クローズドASPというだけあって、広告単価も他社より高く、1人1人のアフィリエイターに電話サポートがつくなどサービスも手厚いのが特徴。スーパーアフィリエイターを目指す方は、まずアフィリエイトフレンズに登録してみてはいかがでしょうか。

 

初心者におすすめのASPはどこ?

ここまでASP各社を比較してきただけなので、結局どこを利用すればいいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。個人的には、すべて利用したほうがいいとは思うのですが、まず最初にASPの感覚をつかむという意味でおすすめなのは、A8.netバリューコマースあたりです。

 

そのあとで、サービスのいいアフィリエイトBや、ほかにはない広告を持つアクセストレードなどを利用していけばいいのではないかなと思います。

 

まずは悩んだら、このあたりから利用してアフィリエイトの最初の一歩に挑戦してみてはいかがでしょうか。