名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

ハローワークと民間転職サイト(リクナビなど)の比較とメリット・デメリットまとめ

※この記事は、実際に転職をした人にインタビューをしながら、その人の体験記兼、実際に転職をしている方向けのアドバイスとしてまとめた記事です。

 

ハローワーク(公共職業安定所)と民間の転職サイト(リクナビNEXTやエンジャパンなど)では、同じく"転職する"と言っても、そのプロセスがまったく違います。特に「とりあえず転職を考えるならハローワークかな」なんて思う方も少なくないでしょうが、いろいろと不都合も少なくありません。

 

そこで今回は、ハローワークと転職サイトをそれぞれ比較し、簡単にメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

ハローワークを使った転職のメリット・デメリット

まず、ハローワークの最も大きなメリットと言えば、その「求人の数の多さ」でしょう。なんだかんだ言って、"公共"職業安定所なのですから、そんじょそこらの民間企業に数で負けたりはしません。

 

またその数だけでなく、古くからある企業の中には、「とりあえず求人を出すならハローワーク」といった風に、公共の団体だからこその独自性のある案件なども発見できることもポイントです。

 

一方で、ハローワークでの転職にはデメリットもあります。

 

まず真実性の低いものから言えば、一部では、「ハローワークの求人にはブラック企業が多い」などといったうわさもあります。ハローワークには無料で求人を出すことができるので、求人広告代すら払えない中小のブラック企業ばかりだというのです。

 

普通に考えればわかりますが、そんなことはありえません。無料と有料の媒体があれば、まずは無料の媒体を使いたくなることに、企業の規模や資金力は関係ないでしょう。それに、求人数が多ければ自然と割合としてブラック企業が混ざる数も増えてしまいます。

 

他の民間の求人情報サイトもそうですが、どうしたってブラック企業は混じってきてしまいます。結局のところ、書類上の条件だけでなく、自分の目と耳で情報を判断していくしかないことに変わりありません。

 

ただ、ハローワークが"公共"の団体だからこそのデメリットもあります。手続きが面倒なことです。たとえば、ハローワークは自分で求人検索して応募するだけでなく、募集内容と求職者がマッチングしていると判断すると、ハローワーク側から求人票を送ってきます。

 

(※ときどき、ハローワークは自分で求人を検索して応募するだけだから、スカウトのある転職サイトのほうが良いなんて記事を見かけますが、真っ赤なウソです。自分で転職をしたことがないのに、転職の記事を書いているのかもしれません)

 

とはいえ、ハローワークの場合は転職サイトと違ってハローワークの場合は紹介状の発行にハローワークまで行く必要があるのです。また、転職サイトの場合は職歴所にあたるものをサイト内に掲載していますが、ハローワークの応募はその都度、郵送で履歴書と職歴書を送らなければいけません。とにかく手間が増えます。

 

転職サイトのように、「いろいろな案件を比較して、それぞれにバシバシと応募を送る」といった使い方は難しいといえるでしょう。

 

ハローワークと転職サイトのどちらを使うべきか?

一方で、リクナビNEXT などの大手転職サイトの求人に関してはさきほどのハローワークのようなデメリットはありません。職歴書だってフォーマットが用意されていますし、手続きも簡単に利用できるようにシステム化されています。

 

もちろん、ハローワークほど求人件数はないかもしれませんが、大手であればハローワークと遜色が無いぐらいの案件数を確保しています。転職をするうえで転職サイトに登録しないメリットのほうがないぐらいでしょう。

 

また、転職サイトの場合は、専属のキャリアコンサルタントがついて転職をサポートするような転職サイトでもなければ、「まだ退職はしないけれど、とりあえず転職案件を調べておく」といった使い方もできるメリットがあります。

 

結論から言えば、月並みな書き方にはなりますが、ハローワークも転職サイトも両方とも利用しておいたほうが無難だということです。

 

おすすめとしては「リクナビNEXT 」などの大手サービスが良いでしょう。定番ですが、やはり定番になるだけあって、初心者にも利用しやすいサービスになっていると思います。

 

もちろんハローワークも積極的に利用していったほうがいいですが、一方で転職サイトも有効に活用していくとよいでしょう。