読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

神社のようで神社じゃない?名古屋からの観光におすすめの豊川稲荷のアクセス・食事・観光スポットをレビュー

稲荷(いなり)といえば、京都の伏見稲荷神社に岐阜の千代保稲荷神社を思い浮かべる人が多いでしょう。確かに、これらのお稲荷さんは参拝者の方も多く、有名どころで一度は行ったことのある方も多いかと思います。

 

ですが、日本三大稲荷の一つに数えられることも多く、愛知県のローカルスポットの一つとして県民に親しまれるお稲荷さんがあることをご存じでしょうか。

 

その名も「豊川稲荷」。愛知県と静岡県の県境に近い豊川市にあり、全国的に見ても少し珍しいお稲荷さんの一つです。

 

稲荷なのにお寺?豊川稲荷とは

京都の伏見稲荷もそうですが、稲荷と聞くと神社を思い浮かべる方が多いかと思います。これは稲荷神をお祭りしているから、そう呼ばれているのですが、豊川稲荷は少し事情が違います。公式サイトにも以下のように紹介してあります。

 

一般的に「稲荷」と呼ばれる場合は「狐を祀った神社」を想像される方が多数であると思われますが、当寺でお祀りしておりますのは鎮守・(とよかわだきにしんてん)です。が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。

 出展: http://www.toyokawainari.jp/inariframe1.html

 

つまり、豊川稲荷は同じお稲荷さんと言っても、神社ではなくお寺なのです。ですので、参拝をするときにも、パンパンと柏手を叩いてお参りしないように注意しましょう。

 

豊川稲荷の境内の雰囲気はとっても厳か

そんな豊川稲荷ですから、境内もとっても静かで厳か。お盆やお正月など参拝客が多い時期であればともかく、普通の平日などに行くと、凛とした空気で静かな気持ちで過ごせます

 

f:id:kikkafe:20160810104312j:plain

f:id:kikkafe:20160810104317j:plain

 

そしてなにより、豊川稲荷の面白いところは、たくさんの狐の石像が並ぶ霊狐塚。信者の方たちが献納した何百体という狐の石像が並んでおり、見渡す限りの狐、キツネ、きつね。初めて訪ねた人は圧倒されるでしょう。

 

f:id:kikkafe:20160810165706j:plain

 

ちなみに、この狐たちですが、すべて同じというわけではなく、様々な表情があります。新しいものは鼻先が丸くかわいらしいのですが、古いものは鼻先がとがっているうえに目つきも鋭く、なんとなくシャープで凛々しい印象になっています。

 

f:id:kikkafe:20160810165718j:plain

f:id:kikkafe:20160810165724j:plain

 

たくさんの狐が並んでいますが、それぞれにそれぞれの表情があるので、その違いを見比べて比較していくのも楽しいかもしれません。

 

豊川稲荷以外の観光スポットは?

そして、豊川稲荷の境内だけでなく、その周辺に広がる豊川の商店街や参道も楽しく、おすすめです。まず、JR豊川駅や名鉄豊川稲荷駅からまっすぐ豊川稲荷に向かう途中には「豊川商店街」があります。

 

f:id:kikkafe:20160810104338j:plain

f:id:kikkafe:20160810104343j:plain

 

こちらは少しさびれた印象というか、地元の人が利用する銀行などが多い印象ですが、味噌カツのお店やウナギ屋さんなど飲食店も多いので、観光客の方が歩き回っても楽しいエリアだと思います。

 

電車で来られた方は、行きに商店街を眺めながら豊川稲荷へと向かうといいでしょう。

 

そして、豊川稲荷の正面、駅側から来ると少し右にそれたエリアには「豊川いなり表参道」があります。こちらは完全に観光客向けのエリアといったところで、B級グルメで有名になった稲荷バーガーや、名物のいなり寿司がいろいろなお店で販売されています。

 

f:id:kikkafe:20160810104352j:plain

f:id:kikkafe:20160810104401j:plain

f:id:kikkafe:20160810104414j:plain

 

このあたりのいなり寿司はテレビや雑誌でも何度も取り上げられるほど有名で、かなり甘めに味付けされたお揚げに包まれた五目御飯が特徴。隣に少し辛めのショウガがアクセント代わりに添えられていて、一発で好きになること間違いなしのお味です。

 

豊川稲荷そのものだけでなく、周囲の街並みも楽しいので、愛知県内での観光に迷っているという方にはぜひおすすめしたいスポットの一つです。

 

アクセスは豊川駅でも豊川稲荷駅でもOK

初めて豊川稲荷にアクセスしようと思う方が一番悩むのが、「名鉄の豊川稲荷駅からじゃないと豊川稲荷には行けないの?」だと思います。実際、豊川稲荷駅と名前に書いてあったら、豊川稲荷に一番近い駅は豊川稲荷駅だと思うでしょう。

 

f:id:kikkafe:20160810105435j:plain

 

ですが、実は名鉄の豊川稲荷駅とJRの豊川駅は隣同士にあるのです。つまり、JRの豊川駅から来ても全く問題ありませんし、豊川稲荷までの時間的な違いもほとんどありません。

 

名古屋や岐阜方面からだと、名古屋駅や金山駅、神宮前駅などを使って豊川稲荷駅まで名鉄に乗ったほうが早いでしょうが、一方で豊橋や静岡方面から来る方だと、JRを使って豊川駅まで行くほうが早いです。

 

ですので、豊川稲荷駅から来ても豊川駅から来てもOKだということを覚えておくとよいでしょう。ちなみに、名古屋方面から来る場合、JRの往復切符が豊川駅まで使えるので、これを使うとかなりお得です。

 

 

JRは名鉄で来る場合に比べて20~30分ほど時間がかかってしまいますが、どうしても安くすませたいという方はJRの往復切符を使って豊川までアクセスすると良いでしょう。青春18きっぷなどを使う方にもJRからのアクセスがおすすめです。