読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

夏にもつ鍋!名古屋で本格博多のもつ鍋を食べたい人におすすめの「博多牛もつ なべ音」

名古屋市

季節は夏真っ盛り。

 

こんな日の食事はヒヤリと冷えたそうめんでもなく、甘酸っぱさがたまらない冷やし中華でもありません。そう、アツアツのもつ鍋です。

 

暑い夏、クーラーがガンガンに効いた部屋で熱いもつ鍋をガツガツ食べる。これが現代型の風流な姿というもの。そしてもつ鍋の本場と言えば、なんと言っても博多。最近では、全国区の料理になりましたが、もともとは福岡県の郷土料理。やっぱり本格派を目指すなら博多のもつ鍋は欠かせないでしょう。

 

そんな、博多本場の味を作ったもつ鍋屋さんが名古屋にあります。その名も「博多牛もつ なべ音」さん。栄駅から徒歩8分程度、ロフト方面へと歩いた先にある隠れ家的なもつ鍋屋さんです。

 

もつ鍋屋なのにオシャレな隠れ家デート向き

栄の中心地から少し外れた暗がりのなか。ロフトから白川公園のほうへと歩いていくと、ぼんやりと白い灯りが見えてきます。それがなべ音の入り口です。

 

f:id:kikkafe:20160819022020j:plain

 

入口の見た目はもつ鍋屋というよりも小料理屋といった感じ。ひっそりとした入口を抜けて中へ入ると、奥へ奥へと続く白い小路が。さらに隠れ家的になってきました。初めての人だと不安に思ってしまうかもしれません。

 

f:id:kikkafe:20160819022655j:plain

 

でも大丈夫。そこを抜けると、カップルにだっておすすめできるオシャレなデザイナーズハウスのような空間が広がっています。半個室の空間は、他の人にも話を聞かれにくい隠れ家のよう。すごく落ち着く雰囲気で、これが本当にもつ鍋屋かと思うほど。

 

f:id:kikkafe:20160819022706j:plain

 

そんななべ音はドリンクメニューもおしゃれで、女性にもおすすめな果実酒、ワインなどが豊富。それだけでなく、日本酒やビールなども豊富なので、お酒をしっかり味わいたいという人にもおすすめです。

 

f:id:kikkafe:20160819022715j:plain

f:id:kikkafe:20160819022724j:plain

 

そんなアルコールメニューを眺めつつ、それでもやっぱり気になるのはメインディッシュのもつ鍋。これがないと始まりません。

 

なべ音のもつ鍋はしょうゆ、塩、味噌の3種類

なべ音さんのもつ鍋のお味は3種類。塩、しょうゆ、味噌から選ぶことができます。

 

ただ、本場博多のもつ鍋の味というなら、やっぱり欠かせないのが醤油味。まずはこれしかないでしょう。ということで、店員さんにしょうゆ味のもつ鍋をオーダー。待つこと10分ほどで、テーブルのうえにもつ鍋が置かれました。

 

f:id:kikkafe:20160819022731j:plain

 

もつにキャベツにニラ。スタンダードなもつ鍋メニューのうえには、しっかりと唐辛子にニンニク。本格的な博多スタイルのもつ鍋です。

 

キャベツがしんなりとしたころが食べごろ。しょうゆ味で一見あっさりした味かと思いきや、もつのコラーゲンが溶け出したニンニク風味のトロっとした醤油が絡みついて濃厚なお味。うん、美味しい。

 

もつ鍋って、もつが美味しいのはもちろんなんですが、野菜が美味しい食べ方なんですよね。味がしっかり染みた野菜を味わう夏のお鍋。最高です。やっぱり鍋は夏の食べものかもしれません。

 

ちなみに、今回はつまみを食べたかったので頼みませんでしたが、こちらでは最後に麺やご飯を入れて〆ることもできます。ガッツリ鍋を最後まで味わいたい人にはそちらもおすすめ。

 

九州のお味をたんのうできるおつまみのラインナップ

そんな本格的なもつ鍋がたんのうできるなべ音さんですが、もつ鍋以外にも少しですが、おつまみメニューがあります。特に九州のおつまみが中心で、名古屋にいながら本格的な九州料理を味わうことができます

 

f:id:kikkafe:20160819022749j:plain

f:id:kikkafe:20160819022759j:plain

f:id:kikkafe:20160819022804j:plain

 

最後のニラ玉は関係ありませんが、身がプチプチと弾力のある博多明太子。福岡の華味鳥(はなみどり)を使った弾力のあるから揚げと、その質もかなり上等。800円程度の値段の割にはしっかりとしたお味。

 

他にも、熊本の馬刺しや先ほどの明太子を使った卵焼きなどもあり、もつ鍋メインで種類が豊富とは言い難いですが、箸休めには十分すぎるほどのクオリティのおつまみたちが。

 

コースで頼んでも4500円からと、比較的リーズナブルな値段設定なのですが、デートやサラリーマンの接待でも顔をつぶすということはないでしょう。特に、大人数よりも2~8人ぐらいの小さなグループでの利用におすすめです。

 

名古屋で本格的な博多の味を体験したいという方は、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

博多牛もつ なべ音

愛知県名古屋市中区栄3-20-5 第7スカイビル 1F

050-5869-9390 (予約専用番号)

052-241-4111 (お問い合わせ専用番号)

[平日]18:00~24:00 (L.O 23:30)
[土]17:00〜24:00(L,O23:30)
[日・祝]17:00~23:00 (L.O 22:30)

定休: なし

 今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」