読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

国際センター駅から徒歩5分!今話題の那古野にあるROWS COFFEEでドリップコーヒーを飲んできました

カフェ 名古屋市

那古野エリア。初めてこの単語を見た時は「ナゴヤ」なのか「ナゴノ」なのか読み方が分かりませんでしたが、読み方はナゴノ。国際センター駅を北側に少し上がったエリアのことを指すそうです。

 

そんな那古野は、少し前まで昔ながらの少し寂れてしまった商店街の雰囲気だったのですが、つい最近では再開発というか、若者たちがこのエリアに集まって地域を盛り上げようという動きが出てきて、新たな店舗が続々と立ち上がっている話題のスポットになっています。

 

今回は、そんな那古野の入り口にあるROWS COFFEE(ロウズコーヒー)さんへと行ってきました。

 

シンプルかつ素朴なコーヒースタンド

桜通線国際センター駅の1番駅を北に歩くこと5分ほど。大通り沿いのテナント群のなかに、青いテントを張った、コーヒーカップの看板を携えたお店が見えてきます。そのお店こそ、ROWS COFFEE(ロウズコーヒー)です。

 

f:id:kikkafe:20160824091634j:plain

 

那古野エリアと言ってもかなり広く、どちらかというと最近若い人が増えたと言われるエリアは商店街のエリアで、こちらの大通りのエリアは昔ながらの中華料理屋さんやお弁当屋さんなど古いテナントが多いところ。

 

そんなところなので、ROWS COFFEEさんの真新しい白い看板はある意味すごく目立ちます。

 

そんなROWS COFFEEさんは、全国紙に取り上げられるほど超メジャーなお店というわけではありませんが、東海のカフェ雑誌や名古屋の地域情報を取り上げる大手サイトなどではそこそこよく見る顔。名古屋に住んでいる方なら「行ったことはないけど、知っている」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

お店の表には、カフェラテやドリップコーヒーなど、ドリンクメニューが書いてあり、初めてのお客さんにも優しい感じ。さっそく中に入ってみましょう。

 

f:id:kikkafe:20160824091639j:plain

 

白を基調としたシンプルなお店

店内は道路に面した前面がガラス張りで、全体的に白を基調としたシンプルな空間。 カウンターのタイルと、唯一の赤であるエスプレッソマシンのアクセントが可愛らしく素敵です。

 

f:id:kikkafe:20160824091646j:plain

 

座席は、カウンター席が4つほどと2人がけのテーブル席が4つぐらいの小さな空間で、カフェというよりはコーヒースタンドといったイメージ。こういったお店には珍しく、お客さんは常連さんが多いよう。これも那古野にあるコーヒースタンドならではでしょうか。

 

エスプレッソマシンがデデンと置いてあるので、カプチーノでも飲もうかと思ったのですが、この暑さでどちらかというとノドが渇いていたので、今回はドリップコーヒー。

 

こちらのドリップコーヒーは、シングルオリジン(ブラジルなど単一産地の豆)ではなく、深入りブレンドと中煎りブレンドの2つから選ぶスタイル。今回は、中煎りブレンドを飲んでみました。

 

f:id:kikkafe:20160824091650j:plain

 

味としては、さっぱりクセや雑味の少ないスペシャルティコーヒーといったところでしょうか。豊かな甘さやフレーバーは感じにくいですが、雑味はないので、スーッと飲めます。8月の暑さのために汗ダラダラで歩いてきた私は、グイっと一気飲みしてしまいました。

 

ちなみに、コーヒースタンドらしく、コーヒー以外にも焼き菓子などを頼むこともできます。1人で行く以外にも、カップルやご夫婦でのご利用もおすすめのお店です。お近くに立ち寄られることがあれば、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

ROWS COFFEE(ロウズコーヒー)

名古屋市西区那古野2-21-5

月〜木曜日 7:30-9:30  /  12:30-20-30

土・日曜日 12:30-20:30

定休: 金曜