読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

小さな小さな焙煎店。高級住宅街のなかでひっそり営業しているカフェのスペシャルティコーヒーを

名古屋市 カフェ

地下鉄八事駅。

 

名古屋の高級住宅街と言われるこのエリアは、名城線と鶴舞線の2つの路線が交じり合うため、名古屋の東側エリアの中心地のひとつといっても過言ではありません。

 

そのため、イオンのようなデパートや高級ホテルだけでなく、ケーキ屋さん、カレー屋にバーと、様々な種類の小規模店舗があり、一つの町として完成しているようなエリアになっています。

 

そんな八事ですが、カフェの数はそこそこあっても、実はコーヒー豆の自家焙煎店はそれほど多くありません。今回は、その貴重な八事の焙煎屋さんであるTao Coffee(タオコーヒー)さんへと行ってきました。

 

八事駅からの分かりづらい分かれ道を超えて

今回は、「以前から名前を聞いていたTao Coffeeを目指そう!」と意気込んで行ってきたわけですが、とにかく八事駅からの道のりが分かりづらい。というか、八事の道がわかりづらい

 

八事駅周辺の道は十字路どころか5つに分岐が分かれていたりして、さらにその分岐の先で小路がいくつか分かれています。土地勘がない人には、手元のGoogle Mapさんに頼っていても、なかなか正解の道を歩くのが大変です。

 

Tao Coffeeは、駅から徒歩5分とうかがっていたのですが、道に迷っていたせいで10分以上も遠回りをしてしまいました。暑い中、汗をダラダラ流しながら、やっとの思いで到着。Tao Coffeeさんです。

 

豆の購入?イートインでコーヒーを飲む?

Tao Coffeeさんの外観は、一言で言うなら小さくて素朴。ここにお店があると知らずに車で通ると、スーッと通り過ぎてしまうかもしれません。逆に言えば、町の雰囲気に溶け込んでいるナチュラルな外観です。

 

f:id:kikkafe:20160829224118j:plain

 

中に入ると、入り口すぐ左手には大きなロースターが。焙煎機が入り口に入ってすぐにデデンと大胆においてあります。その向かいには、様々な種類のコーヒー豆が焙煎された状態で並んでおり、コーヒー豆を購入できます。

 

完全な焙煎屋さんなのかしらと眺めていると、どうやら奥には小さいながらも2人掛けのテーブル席が4席ほどあり、イートインもできるよう。せっかくですから、今回はコーヒーをいただいていきましょう。

 

f:id:kikkafe:20160829224134j:plain

 

静かな店内。暑いなかを歩いてきたので、早くコーヒーが飲みたい。ラインナップはすべてスペシャルティコーヒーで、今回は、私があまり深い焙煎が得意ではないため、中煎りのニカラグア・ファティマをオーダーしました。

 

オーダーをしてから数分ほど、カラフルなマグカップのコーヒーがおかれます。

 

f:id:kikkafe:20160829224144j:plain

 

まずは一口。かなり香ばしいというか、けっこうローストしてある感じ。中煎りであっさりした印象とメニューには書いてありましたし、フルーティな酸味も感じられますが、苦さと香りもけっこうあります。

 

簡単に言えば、コーヒー好きが好きなコーヒーといった印象でしょうか。あまり普段からコーヒーを飲まない方には苦みがあるかもしれませんが、コーヒー好きの方なら、「むしろこれぐらいからがコーヒーだ」と言われるかもしれません。

 

コーヒー好きに評判のいいロースターさんだったのもうなずけます。ちなみに、私たちがカフェ利用している間もコーヒー豆を購入しに来るお客さんが何名かいらっしゃったので、やはり焙煎屋さんとして利用している方のほうが多いのでしょう。

 

駐車場がないので、遠方からだと少しアクセスはしづらいかもしれませんが、八事駅周辺にいらしたときには訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

愛知県名古屋市天白区弥生が岡209
Tel 052-832-2027
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 月曜