名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

Webライターになりたいならブログを書くべき!収入を上げるためにも、求人を探すよりスカウトを狙おう!

「Webライターに応募してみたけれど、審査落ちした」「審査落ちどころか、Webライターの審査基準すら通過できない初心者だけど、ライターになりたい」

 

初心者が少し文章を書けるからと言って、そのままWebライターになるのは簡単なことではありません。審査の条件に、「他社メディアで記事を納品した経験があること」など、"経験"を求められることが多いからです。

 

ちなみに、ここで言うWebライターは、他の人が書いた情報をキュレーションしたり、リライトしたりといった人たちではありません。きちんと、自分で体験した一次情報にもとづいて記事を書ける人のことです。

 

こうしたWebライターは、キュレーターなどに比べれば高単価で記事を買い取ってもらえることが多い反面、雇用側の審査も厳しくなってしまいます。

 

そのため、初心者にはなかなか手が出しづらいのですが、それでもWebライターになりたい方には、まず始めにブログを書いてみることをおすすめします。

 

f:id:kikkafe:20160901105240j:plain

 

ブログを更新していると、Webライターのスカウトが来る?

Webライターを目指す人に、ブログを始めることをおすすめする理由は、「ブログを更新し続けていると、Webライターのスカウトが来る」ことにあります。

 

私は、このブログ以外にも複数のブログを運営していますが、様々なブログを運営し続けていった結果、様々な大手Webメディアからライターのお誘いの声がかかるようになりました。たとえば、以下のスカウトもその一つ。

 

f:id:kikkafe:20160831222502p:plain

 

実際、やはりメディア側も安定的に人に読んでもらう記事を更新していくため、ライターをずっと探している状態のよう。その手がかりの1つとしてブログを利用している企業が多いのです。

 

その人のブログを見れば、「Webライターとしての文章の書き方が分かっているか」が分かります。これは、紙媒体の文章と同じではありません。行間にせよ、使う言葉遣いや文章表現にせよ、WebにはWebでウケる文章があります。

 

そのため、企業側もブログを手がかりにライター候補を探しているのでしょう。

 

ただ、ひょっとすると、「Webライターを目指すのにブログを書くとはなんて遠回りな」と思われるかもしれません。確かに否定はできません。どんなに単価が低くても、審査基準が緩いWebライターに応募すれば、ライターになること自体はできるでしょう。

 

ですが、ブログを書いていてライターになると、普通に初心者がライターを目指すよりも大きなメリットがあるのです。

 

スカウトのライター募集は記事単価が高い

そのメリットとは、ブログのスカウトで募集されたライター求人は、報酬単価が高いということです。スカウトの場合、過去に私が受けた記事依頼では、最低でも1本5000円以上。高単価ジャンルの記事なら、1000文字以内の記事で10000円なんてものもありました。

 

f:id:kikkafe:20160831210354p:plain

 

もちろん、こういった高単価の記事の場合は、企業の指定したテーマと納期に沿って記事を納品する必要があるため、低単価の記事とはくらべものにならないぐらい面倒ですが、やはりそれはそれでライターの仕事としての価値があります。というか、普通のお仕事なら当たり前ですしね。

 

それでも、普通のWebライターの単価が1文字0.5円を切ることもあるなか、1文字10円以上の価値で仕事を依頼してもらえるのは、ライターとして価値を認められたようでうれしくないでしょうか。単純な報酬以上のやりがいがそこにはあります。

 

また、安い単価で応募したライターが、高単価の仕事を引き受けられるようになるのは簡単なことではありません。高単価のライター求人はスカウトや非公開形式でしか募集していないことが多いからです。

 

やはり、最初からWebライターを目指すにしても、自分の実力を見せるためのブログは別に作っておいたほうが今後のためにも良いかと思います。

 

ライターのスカウトを受けるためのポイント

それでは、良質な記事をメインにブログを書くのは良いとして、webライターのスカウトを受けるためには、なにをすればいいのでしょうか。

 

最も重要なのは、「読者と連絡を取る手段を作ること」です。

 

メールアドレスの公開にせよ、お問い合わせ欄の公開にせよ、読者と連絡を取る手段が公開されていなければ、「その人にライターを依頼したい!」と思わせても、依頼をすること自体できません

 

これが意外とやっていない人が多いのです。これをやるだけで、ライターとしてスカウトされる確率が0から少しぐらいはプラスになります

 

また、スカウトされやすいジャンルというものもあります。たとえば、以下のようなパターンの記事を書ける人。

 

商品のレビューを、画像付きで丁寧に書ける

なんらかのジャンルの専門家で分かりやすく書ける

特定のジャンルについてひたすら記事を更新できる

高単価のジャンル(キャッシングやローンなど)の記事を書ける

世間で大きく話題になるほどバズる記事を書ける

 

これはほんの一例ですが、ただの雑記ブログでも、雑記に終わらないネタをずっと提供してきているブログは、グッとスカウトの確率が高くなるでしょう。

 

万が一、スカウトが来なかったときは?

それでも、ブログで書いていたジャンルが悪かったり、テーマがニッチ過ぎたり、記事のクオリティが低いと、ライターのスカウト話が来ないことも多々あります。こうなると、「ブログからライターを目指すのはムダなんじゃ……」と思われるかもしれません。

 

記事のクオリティが低いのは論外ですが、自分のブログさえあれば、スカウトではなく自分からWebメディアにアクションをかけられるようになります。

 

Webメディアのなかには、「過去にライターとしての仕事を引き受けたことがあるか」以外にも、「過去にブログを書いていたことがあるか、そのアクセス数はどのぐらいか」を聞くところもあります。

 

たとえ企業からのスカウトがなかったとしても、今後Webライターを目指すのであれば、ブログを書いていることは決してデメリットにはならないでしょう。ブログはWebライターを目指す人にとっての大事な資産であり、職務経歴書なのです。

 

そしてもしも、「ライターとしての実力が低い」、あるいは「記事のクオリティが低い」せいで声がかからないのであれば、まずはライターとしての訓練をしましょう。

 

単価こそスズメの涙程度の収入しかない案件がほとんどですが、クラウドワークスでクラウドソーシングでテーマに沿って記事を書くという経験は、確実にブログ自体のレベルアップにつながると思います。

 

私も、クラウドソーシングで勉強するようになってから、確実にブログの書き方が変わりました。やっぱり、ライティングをしていくうえでの、ある種のフォーマットのようなものがあるんですよね。それを意識できるかできないかで全く違った文章になるのです。

 

低単価の依頼が多いため、「いつまでもそこでライターとして食べていける」というのは難しいかもしれませんが、そこから先の正式なWebライターを目指すうえで、クラウドワークスはきっといい経験になるでしょう。自分の書く記事のクオリティに自信が持てない方は利用してみるといいかもしれません。