名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

名古屋のスペシャルティコーヒーの先駆け!有名な自家焙煎の喫茶店「カフェボンタイン」へ行ってきた

最近は日本全国どこでも見かけるようになってきたスペシャルティコーヒー。

 

昔ながらの喫茶店文化がウリの東海・名古屋でもスペシャルティコーヒーの単語を見かけることはかなり多くなってきました

 

ただ、そんな名古屋のなかでもかなり早い段階からスペシャルティコーヒーを導入していた喫茶店があります。その名も「ボンタイン珈琲」。名古屋市内に複数の直営店を構えるだけでなく、コーヒー豆を喫茶店やカフェに何件も卸している、名古屋のスペシャルティコーヒー店の先駆け的存在

 

その本店が中区の錦にあるというこで、先日遊びに行ってきました。

 

夜の街のレトロな喫茶店

名古屋市中区錦。言わずと知れた名古屋の夜の街です。

 

もちろん錦と一口に言っても、場所によって夜の街っぽいエリアとそうでないエリアもあるのですが、ボンタインのカフェである「カフェボンタイン」があるのは錦の3丁目。夜の街の中心地です。

 

f:id:kikkafe:20161021141745j:plain

 

温かな明かりの灯る西洋レトロな店内へと入ると、カウンターへと案内されます。どうやら、先に会計を済ませて席まで運んでもらうキャッシュオンデリバリースタイルのよう。

 

カプチーノも飲んでみたかったのですが、せっかくなのでまずはドリップコーヒーを飲みたい。ということで、本日のドリップコーヒーをオーダーしました。「この時間はケーキも半額ですが、いかがですか?」という誘惑を振り切りテーブルへ。

 

f:id:kikkafe:20161021141824j:plain

f:id:kikkafe:20161021141832j:plain

 

夕方4時ぐらいに訪ねたのですが、この時はがらんどうだった店内。お店の人に尋ねてみたところ、錦という夜の街にある場所柄、夜のお姉さんの営業前の休憩場所として使われることが多いそう。

 

あとは、名古屋の喫茶店らしく、朝のおじさんたちのモーニングタイム、お昼を食べるランチタイムのお客さんが多く、私が訪ねた夕方のカフェタイムはお客さんが少ないそう。

 

私にとっては好都合。ゆっくりコーヒーを飲むことができます。

 

フレーバーしっかりのスペシャルティコーヒー

テーブルに着いてしばらく待っていると、目の前にコーヒーが置かれました。本日はニカラグアのコーヒーだとのこと。

 

f:id:kikkafe:20161021141842j:plain

 

まず口に含んで感じるのはすごく豊かなアロマ。そして飲み込んだ後に口の中に残るフレーバー。ああ、スペシャルティコーヒーだなあと思うコーヒーです。

 

ボンタインさんは自社で生豆の仕入れに国外へと行ったり、社長さんがスペシャルティコーヒーの世界大会の審査員なども務めていらっしゃるらしいのですが、確かにコーヒー豆の品質がいいのだなと感じられる複雑さです。

 

うん、美味しい。

 

店内にたった一人の男が飲んでいるという世界の孤独感を忘れるほどです。いや、ほんと忘れてます。寂しくなんかないです。

 

これがちょっと時間が早ければランチタイムのおば様や会社員たちに囲まれて、逆にちょっと遅くければ夜のお姉さんたちに囲まれた賑やかな時間になっていたのでしょう。

 

それはそれでいいのかもしれませんが、ゆっくり一人でコーヒーを飲める時間はやっぱりいいですね。落ち着きます。

 

もし、カフェボンタインでゆっくりした時間を過ごされたい場合は、私と同じように夕方のカフェタイムに行ってみることをおすすめします。人が少なくてゆったりできますよ。

 

ごちそうさまでした。

 

カフェ ボンタイン(Cafe Bontein)

052-953-5055

愛知県名古屋市中区錦3-11-20

7:30~21:00 (土曜12:00~18:00)

定休:日曜