名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

松本市で信州大学生のソウルフード「メーヤウ」のカレーを堪能しませんか?

どこの大学生にも、大学の近くにあって、その大学の学生なら皆が一度は食べているであろうソウルフードがあります。

 

私が長野の信州大学にいたころも、おそらく信州大学に入学した学生なら一度は口にしているであろうカレーがありました。信州大学の西門から徒歩1分ほどの距離にある「エスニックカリー メーヤウ」さんです。

 

f:id:kikkafe:20170105003048j:plain

 

昼間はいつでも学生で満員の人気カレー屋

エスニックカレーといえば、欧風カレーや日本のカレーと違って少しクセがあるので、好き嫌いもあるものですが、そんな文化の違いも感じさせないほどメーヤウさんは大人気

 

もともとお店が20席ほどの小さな店内なので、ランチタイムにお店を訪ねると、座る席がないほどのお客さんで埋め尽くされます。時にはお店の前に席待ちの列ができるぐらい。

 

f:id:kikkafe:20170105003542j:plain

 

そんなメーヤウさんですが、メインのカレーは5種類から選べます。しかも値段はかなりお得。 税込みで617円からなので、お金のない学生にも優しい価格設定です。

 

f:id:kikkafe:20170105003058j:plain

 

さらにさらに、学生に嬉しいのが、「カレー2種類」というサービスがあること。こちらはプラス二百数十円だけでもう1種類のルーが選べるというお得なサービス。食べ盛りを過ぎてもまだ食欲旺盛な私としては、カレーを2種類頼まずにはいられません。

 

今回選択したのは、豚の角切り肉がゴロゴロと入った「インド風ブラックカリー」と、ココナッツミルクたっぷりの「タイ風グリーンカリー」の2種類。待つこと数分ほどで、熱々のカレーが目の前に置かれました。

 

ご飯との相性抜群のエスニックカリー

f:id:kikkafe:20170105003912j:plain

 

うん、懐かしのソウルフードカレーです。

 

カレーのルーがさらさら系が多いためか、ご飯はパラパラの分づき米

 

 パラパラとは言っても水分が少ないなんてことはなく、プチプチとした食感が面白い、日本人にも美味しいご飯です。そこに、カレーのルーをかけていただきます。

 

ブラックカリーはトロミのあるルーとトロトロに煮込んだ豚の角煮が特徴。味わいは日本のカレーにも似ているのですが、スパイシーな香りと辛みがやっぱりインドのカレーなのだなと実感させてくれます。文句なくおいしい

 

そして、グリーンカリーは薄くスライスした豚肉とタケノコの入ったさらさらなカレー。塩気がけっこうあるのですが、ココナッツミルクの甘さとタケノコの食感が楽しく、ご飯もガンガン進みます。

 

カレールーを2種類も食べていると、当然ごはんも1人前では足りないのですが、メーヤウではご飯お代わり100円と、超お得値でお代わりができるので、食べ盛りの大学生にも安心です。

 

なつかしさだけでなく、美味しさも抜群なメーヤウのカレーをぜひ一度堪能してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、メーヤウさんは信州大学前店だけでなく、同じ松本市内に桐店を構えていらっしゃいます。桐の店舗は、1260円で13種類のカレーをバイキング形式で食べ放題で食べられるので、たくさん食べたい人にはこちらもおすすめです。

 

松本市でカレー好きの方はきっと損はしないと思いますので、ぜひ訪ねてみてください。

 

エスニックカリーメーヤウ 信大前店

長野県松本市桐2-1-25

0263-35-6962

営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00

定休:木曜日