名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

入居費用や家賃をクレジットカード払いで!カード払いができる賃貸物件の探し方とは

みなさんは家賃の料金をどのように支払っているでしょうか。

 

たいていの人は銀行振り込みや銀行引き落としがほとんどで、ちょっと珍しいところでは現金払いなんてパターンもあるかもしれません。

 

ですが、賃貸物件の中にはクレジットカードでの支払いができる物件もあることはご存知でしょうか。クレジットカードで支払えれば、毎月何もしなくとも自動で家賃が支払われ、支払い忘れがなくなるだけでなく、いろいろな特典を受けることもできます。

 

今回は、お得な家賃のクレジットカード払いについて、どんなメリットがあるのか、どんなところで探せばいいのかをご紹介していきます。

 

f:id:kikkafe:20170415015825j:plain

 

家を借りるだけでカードのポイントが貯められる

家賃の支払いと言えば、普通は銀行引き落としか振り込みでの支払い。楽天銀行など、一部の銀行口座からは振り込みのときにポイントが付いたりといった特典もありますが、基本的に銀行引き落としや振り込みでは、家賃の支払いをしたからといってポイントなどが付くことはありません

 

それどころか、振込支払の場合は振込手数料まで家賃を支払う側の負担です。

 

ですが、クレジットカードで家賃を支払った場合は、なんと家賃分のクレジットカードポイントがたまっていくのです。もちろん、振込手数料なんてものは発生しません。

 

普通のクレジットカードなら1%がポイント還元。少しお得なカードであれば、2%以上の還元ということも珍しくないため、家賃の2%以上が実質キャッシュバックされることになります。

 

これは非常にありがたいサービスです。

 

他にも、ゴールドカードへの切り替えなど、カードのクラスアップはだいたい年間100万円以上利用することが条件になっていたりしますが、もし家賃が5万円の物件に住んでいて、その料金をカード払いにした場合、年間60万円はすでに家賃を支払うだけで利用したことに。

 

ガス代や電気代、水道代、インターネット回線代なども合計すれば、普通に暮らしていくだけで、1人暮らしでも年間100万円ぐらいのゴールドカードの条件をクリアしてしまうでしょう。

 

「でも、ゴールドカードなんて年会費が高いんでしょ?」と思われるかもしれませんが、年会費無料のゴールドカードだってあります。たとえば、イオンの年会費無料のゴールドカードは、年間100万円以上の利用が条件ですが、こんなに多くの特典が無料で受けられます。

 

f:id:kikkafe:20170415014113p:plain

 

・イオンラウンジ(イオン内の休憩室)が無料で使える

・羽田空港のラウンジが無料で使える

・海外旅行傷害保険付帯(3000万円)

・国内旅行傷害保険付帯(3000万円)

・ショッピングセーフティ保険(300万円まで)

・イオンゴールド会員限定優待パスポートが届く

 

ゴールドカードは一度手にしてしまえば、自分で解約しない限り基本的にずっとゴールドカードのままなので、家賃や必要最低限の生活費をカード払いにするだけでクレジットカードのランクを上げられるのは大きなメリットでしょう。

 

入居費用を分割払いで!初期コストを抑えられます

しかも、驚きなのが家賃だけでなく、物件によっては最初の敷金や保証金までクレジットカードで支払うこともできるのです。

 

最初の入居費用と言えば、家賃1ヵ月分に不動産屋への仲介手数料、物件の入居に必要な保証金2か月分と、最低でも4ヶ月から5ヶ月分のお金が必要です。クレジットカードを使って、入居費用の支払いを少しでも遅らせられるのは、大きなメリットでしょう。

 

そして資金がない人にとってさらにありがたいのが、クレジットカード払い可物件であれば、こうした何十万円の初期費用を一括で払えなくても、分割払いやリボ払いで支払うこともできます。これはあまりお金をためていない人にとっては嬉しいサービスでしょう。

 

ただし、入居費用は分割払いできても、「家賃は分割払いできません」と書いている物件がほとんどなので、あくまで"分割払いやリボ払いができるのは最初の入居費用だけ"と思っておくとよいでしょう。

 

クレジットカードの会社によっては制限もアリ

ちなみに、注意点として、クレジットカードの国際ブランド(JCBやVISAなど)によっては、「一括払いしか対応できない」「そもそもカード決済に対応していない」といったことがあります。

 

たとえば、Diners Clubのクレジットカードは、分割払いができません

 

また、住友林業の物件の場合は、VISAとMASTER CARDの支払いのみとなっており、アメリカンエクスプレスやJCBのクレジットカードは支払いできないので注意が必要です。

 

f:id:kikkafe:20170414220344p:plain

 

こうした例外は一部あるものの、「クレジットカード払い可」と書いてある物件は制限がないほうが多いです。契約前にきちんと確認する必要はありますが、基本的には問題ありません。

 

クレジットカード払いができる賃貸物件はどんどん増えているので、初期費用を抑えたい方、クレジットカードのポイントをためたい方はガンガン利用すべきでしょう。

 

まだまだクレジットカード払いができる賃貸は少ない

ただ、実際に調べてみると分かりますが、クレジットカード払いをできる物件や賃貸はまだまだ少ないのが現状です。

 

大東建託やアパマンショップ、住友林業などの一部の業者が管理している物件がほとんどで、特に地方ではクレジットカード払いができる物件はそう多くありません

 

とはいえ、"少ない"だけでまったく無いわけではなく、クレジットカード払いの出来る物件は全国にありますし、その数も少しずつ増えてきています。

 

もちろん、一番は家賃が低いことや部屋のおしゃれさ、設備が充実していることが条件でしょうが、クレジットカードのポイントをためたい方は、クレジットカード払いができる物件を条件にして探してみるとよいでしょう。

 

クレジットカード払いができる賃貸を探すときは?

 

ホームアドパーク

 賃貸情報のまとめサイトには珍しく「クレジット支払い可能物件」専用のページを設けているので、クレジットカード払いができる物件を探す場合にはかなり使い勝手のいいサイトです。

 物件の数自体はメチャクチャ多いわけではありませんが、クレジットカード払いのできる物件を探す場合には見ておいて損はないでしょう。

公式サイト⇒ ホームアドパーク

 

アパマンショップ

 テレビCMでも有名なアパマンショップ。賃貸を探しているときには必ず候補に入る不動産仲介業者のサイトです。

 賃貸情報のまとめサイトではなく自社で管理している物件なので、ユニークな特典も多いのが特徴。過去には、クオカード5000円分プレゼント、Wi-Fiルーター無料プレゼントなどの特典が付いたこともあります。もちろん、大手サイトらしく、きちんとカードで家賃が払える賃貸だけを探す機能が付いているので、見ておいて損はありません。

 公式サイト⇒アパマンショップ

 

SUUMO(スーモ)

 リクルートが運営する大手賃貸情報サイト。物件の数も多く、安い賃貸からデザイナーズまで種類が豊富です。スーモの場合は、クレジットカード支払専用の物件ページがないので、物件の検索キーワードで"クレジットカード"と入力してあげると、クレジットカード払いのできる物件が見つかります。

f:id:kikkafe:20170414234444p:plain

 公式サイト⇒<SUUMO(スーモ)/p>