読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

地元民がおすすめする馬籠宿のランチスポット!蕎麦に地鶏に名物を堪能しよう

最近、外国人が多く訪れて人気の観光スポット「馬籠宿(まごめじゅく)」

 

その影響もあってか、日本人のアクセスも多くなっており、観光スポットとして人気になっているのだとか。そんな馬籠ですが、観光はもちろんグルメもおすすめ

 

そこで、馬籠に昔から住んでいる地元住民の方に、おすすめの馬籠宿ランチスポットについて尋ねてみました。

 

長野だけじゃありません!馬籠で田舎蕎麦を味わいましょう

まず最初に案内されたのは、馬籠宿の坂を登りきった最上部にある「恵盛庵」さん。まるで民宿旅館のような、趣きあるたたずまいが魅力のお蕎麦屋さんです。

 

f:id:kikkafe:20170420181245j:plain

f:id:kikkafe:20170420181251j:plain

 

「蕎麦と言えば長野」のようなイメージが付いていますが、岐阜県も長野県に近いところでは蕎麦文化が盛ん。長野県に近い馬籠でも当然お蕎麦どころがたくさんあります。地元民の方に聞いたところ、「そのなかでも特におすすめ」なのだとか。

 

f:id:kikkafe:20170420181304j:plain

 

店内は、囲炉裏のついた座敷席が10席ほどとテーブル席が30席ほど。飲食店としては少し大きめな造りですが、絶えずお客さんが入れ替わりで入ってくるので、むしろ席が足りないぐらい。

 

席に案内されると、湯呑みに注がれたそば茶がポットと一緒に出されました。蕎麦の風味と温かな温度が落ち着きます。店内の雰囲気も相まって、田舎の食堂に来ているよう

 

そんな恵盛庵さんのメニューはなんと蕎麦のみ

 

ざるそば、かけそばなどのスタンダードメニューに、山菜そば、山かけそば、にしんそば、山菜山かけそばなどの田舎そばの定番メニューのオールスター

 

今回は、その中から山菜そば(1000円)をオーダーしました。

 

「地方のメニューにしては、少し値段がするなあ」なんて思っていたら、蕎麦が目の前に置かれて納得。なによりまずデカい!

 

f:id:kikkafe:20170420181309j:plain

 

普通のお店の蕎麦の1.5~2倍ぐらいの量はあります。ざるそばも950円ですが、2枚が1人前の量。うん、これなら納得です。

 

また、お味のほうも美味しく、田舎そばらしいしっかりとした蕎麦の風味と弾力のある食感。山菜も蕎麦の野性味とマッチしていて、たけのこはシャクシャク、きのこはプリンプリンといろいろな食感を楽しめます。

 

汁まで飲み干せば、大人の男性でも満腹になってしまうほど。

 

メニューは蕎麦だけの恵盛庵さん。店内では蕎麦をひく石臼も見られます。馬籠で名物のお蕎麦を食べたい人は試してみてはいかがでしょうか。

 

お蕎麦屋さんで食べる地鶏丼

そしてもう1つの地元民おすすめのお店は、馬籠宿の中腹より少し上ぐらいにある、お蕎麦屋さん「ますや」さん。

 

f:id:kikkafe:20170420181319j:plain

 

こちらもお蕎麦屋さんなのですが、地元民の方曰く、丼ものもおすすめなのだとか。特に、「地鶏丼がおすすめ」とのこと。早速店内に入ってみると、さらにこちらは雰囲気のある空間。

 

f:id:kikkafe:20170420181328j:plain

f:id:kikkafe:20170420181336j:plain

 

田舎の食堂というより、もう「田舎の婆ちゃん家の土間にそのまま客席を作りました」という雰囲気。

 

ますやさんは、お蕎麦でもちょっとした変わり種「つくし玉子とじそば(期間限定)」があったりと、定番メニュー以外の蕎麦のバリエーションも豊富。さすがは名物といったところでしょうか。でも、今日は地元民の方におすすめしていただいた地鶏丼の出番です。

 

ただ、メニュー表を見ていても地鶏丼という料理がありません

 

とりあえず、お店の方に地鶏丼と頼むと、は~いという声が。どうやらオーダーは通ったよう。「地元民限定のメニューなのか?」と思っていると、キッチンのほうから香ばしい香りがしてきました。うん、美味しそう。メニュー名のことなど忘れ、今か今かと待っていると届けられたのがこちら。

 

f:id:kikkafe:20170420181346j:plain

f:id:kikkafe:20170420181349j:plain

 

うん、美味しそうです。

 

醤油ベースのネギの香りが立ちのぼり、食欲をそそります。

 

早速一口食べてみると、少し濃いめの醤油の味付けですが、鶏の脂とネギの甘さがマッチしてめちゃくちゃ美味い。地鶏は恵那どりという、すぐ近くの恵那地方の地鶏を使用しているらしく、弾力のある歯ごたえと脂の甘さが美味しいお肉。

 

田舎メシと言えば、山菜や川魚というイメージが強いですが、こういうパワフルなメニューも良いですね。

 

ガツガツと食事をすすめ、すぐさま完食。美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

食べ終わってから気づいたのですが、どうやらこの地鶏丼。メニューでは鶏葱丼(900円)となっていたようです。地元民ならではの呼び方というだけで、裏メニューなどではないよう。

 

これなら安心して頼めますね。

 

馬籠にお立ち寄りの際は、お蕎麦だけでなく、地鶏を使った地鶏丼も試してみてはいかがでしょうか。

 

恵盛庵

定休日:不定休

営業時間:11:30~14:30頃(売り切れじまい)

住所:岐阜県中津川市馬籠5438-1

TEL:0573-69-2311

 

ますや

定休日:不定休

営業時間:10:00~16:00(冬季:11:00~15:00)

住所:岐阜県中津川市馬籠4288

TEL:0573-69-2133