名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

タカシマヤ北欧展で初代世界チャンピオンのカフェJAVA(ヤヴァ)のコーヒーを飲んできた!

先日、名古屋駅のJRタカシマヤ10階催事場コーナーで、北欧展が開かれています。

 

f:id:kikkafe:20171220050800j:plain

 

北欧展とは、その名の通り、北欧のいろいろなグッズを集めた展示場

 

サンタクロースの飾り物にセレクトグッズ、食器、衣類など、北欧にちなんだいろいろなグッズが販売されています。

 

北欧各地の販売員さんが実際に出店していたりして、出店コーナーはキレイ&かっこいい外国人の方ばかり!そんな北欧展の一角に、コーヒー好きなら外せないスペースが展示されています。

 

WBC初代チャンピオンのカフェが名古屋で展示!

その展示スペースとは、JAVA(ヤヴァ)というカフェのコーヒー豆販売&イートインスペース。イートインとは言っても、簡単なカウンターに丸椅子が置いてあるだけの、本当にドリンクを飲むためだけのスペースです。

 

f:id:kikkafe:20171220050500j:plain

 

なぜ、このカフェがコーヒー好きならぜひ訪ねたいスペースなのでしょうか?

 

その答えは、このJAVAがワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)というバリスタの権威ある大会で初代チャンピオンに輝いたバリスタのいるカフェだから。

 

こちらでは、名古屋市内のトランクコーヒーさんと共同出店をしており、JAVAのバリスタたちがノルウェーで焙煎したコーヒー豆を直輸入し、販売、そしてドリンクにして提供しているのです!

 

f:id:kikkafe:20171220050512j:plain

 

ミルクなど、環境が違うのは残念ですが、ノルウェーに行かないと普段は絶対に飲めない味が日本、しかも名古屋で飲めるとあっては行かざるを得ません。

 

この日はカプチーノ(シングル:648円)をオーダーしようとしたところ、店員さんから「ダブルショットのほうがJAVAのバリスタがおすすめと言っていますが、いかがですか?」という案内が。そりゃ、おすすめだと言われたらそちらにするしかないでしょう。

 

お金を支払い、カウンターに座りながら間近でカプチーノを作る姿を見られます。

 

f:id:kikkafe:20171220050528j:plain

 

このライブ感は、やっぱりイベント展示ならでは。

 

普通のカフェだって、真後ろで作業スペースを眺めるような距離で見ることはできません。オーダーしてから待つこと1,2分。目の前に、バリスタの笑顔とともにカプチーノのダブルショットが置かれました。

 

f:id:kikkafe:20171220050539j:plain

 

カプチーノの豆はどうやら日によって違うようで、その時々で味わえる味が違うそう。

 

わたしが飲んだ時は、苦みはほとんどなく、フルーティな酸味がしっかりとあるザ・サードウェーブといった感じの浅焼きのカプチーノ。「ああ、北欧のスペシャルティコーヒーってこんな感じだよね」というイメージどんぴしゃりなコーヒーです。

 

うん、美味い。

 

もう少し予算があったら、ドリップコーヒーにも挑戦してみたかったところですが、人も多かったのもあって、やむなく断念。HARIOのドリッパーやケトルを使ったドリップは、日本製の器具も世界で活躍しているんだなと感じさせられます。

 

コーヒー豆は225gなので、なかなかの量

ちなみに、イートインスペースでドリンクを飲むだけでなく、コーヒー豆を数種類から選んで購入、持ち帰ることもできます。

 

目玉商品として、パナマエスメラルダのゲイシャや、エルインヘルト農園のパカマラが挙げられていましたが、225gという量も相まって、お値段のほうも10000円を優に超えるなかなかの価格。

 

イベント価格とはいえ、さすがに手が出なかったので、最安のホンジュラスにしておきました。それでも、税込み約3000円。スペシャルティコーヒーとはいえ、イベント価格になるとなかなかの価格です。

 

f:id:kikkafe:20171220050549j:plain

 

自宅でドリップして飲んでみましたが、甘さとバランスのあるコーヒー豆に、フルーティなニュアンスのある中浅焼きのコーヒー豆。

 

酸味が苦手な方にはしんどいかもしれませんが、フルーティなコーヒーが好きな方にはおすすめです。全体的に、サードウェーブというか北欧らしい浅焼きのコーヒー豆やドリンクが多かった印象ですので、特にこのあたりに興味がある方に行ってほしいところ。

 

ぜひ、イートインコーナーと合わせて利用してみてはいかがでしょうか?