名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

つるとんたんTOP CHEFS(トップシェフズ)は大阪観光でランチに迷ったらおすすめのお店です!

大阪名物のひとつといっても過言ではないうどん屋さん「つるとんたん」

 

とんとんと打って、たんたんと一定の太さに切られた、つるつるとしたおうどんが"つるとんたん"。すごく語呂がいいリズムのこおの名前。どこかで一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

今でこそ東京にも店舗展開していますが、このチェーン店の面白いところは、「店舗によってメニューや内装がかなり違う」というこだわり。特に、大阪には「シェフが作ったかのようなうどんを出す」がこだわりの『つるとんたん TOP CHEFS(トップシェフズ)』なるお店があるのです。

 

梅田大丸の地下2階という絶好のアクセス

そんなつるとんたんTOP CHEFSがあるのは、大阪の梅田駅から直結している『大丸梅田店』の地下2階。地下を抜けて、駅からそのまま来られるので、夏場や冬場はありがたいところ。

 

地下を抜けて、ぶらぶらと地下街を歩いていると、エスカレーターのそばにそのお店が現れました。これがつるとんたんTOP CHEFSです!

 

f:id:kikkafe:20180819123851j:plain

 

なんとわかりやすい外観…。

 

名古屋から大阪への観光で「慣れない土地だし、見つけられるかなー。大丈夫かなー」なんてちょっとばかり不安に思っていたのですが、外観から何もかもまっしろで、このお店だけが特に目立ちます

 

これならだれでも確実に見つけられるでしょう。

 

席数はたっぷりカウンターからテーブル席までありますが、昼食時は満席になるほどだとのこと。朝10から営業しているので、時間をずらしていけば、スムーズに入れます。

 

店内は白を基調とした清潔感のある空間

そんなトップシェフズの店内は、外観に合わせてまっしろな空間。

 

最初にインテリアだけ見たら、ちょっとそわそわするぐらいの白。白。白。

f:id:kikkafe:20180819123855j:plain

f:id:kikkafe:20180819123859j:plain

 

ただ、冷たい雰囲気かというとそうでもなくて、店員さんも接客がよく、あたりが柔らかいので意外と落ち着いて時間を過ごせます。

 

そしてなにより店員さんの数がすごい。これだけの人が動かないと回せないぐらい多くのお客さんがいらっしゃるんだなとうかがえるほど。テキパキ動いているので、忙しないわけではありませんが、店内が静かすぎてソワソワしちゃうというほどではありません。

 

そんなつるとんたんのメニューを見ると、おうどんにサイドメニュー、スイーツまでぎっしり。スイーツはテイクアウトもできるようなので、ちょっとしたお土産ぐらいにはなるかもしれませんね。

 

定番メニューに変わり種も

トップシェフの売りは、普通のつるとんたんに比べて、おうどんにバジルソースなどの西洋風アレンジを加えていることらしいですが、わたしはつるとんたん自体が初めてなので、せっかくなので他店舗にもある夏季限定の「すだちのおうどん」をオーダー。

 

待つこと数分程度で、持ち上げるのも大変そうなほど大きな器のうどんが到着しました。

 

f:id:kikkafe:20180819123901j:plain

 

食べてみると、とにかく弾力のある食感がすごい

 

"つるとんたん"のうたい文句にたがわず、つるつると口の中を流れるのど越しのいい細麺なのですが、一口噛むとしっかりとした弾力があります。もっちもっちと噛みしめるおうどん。

 

うん、これは美味い。

 

これだけスダチがたっぷり入っているのに、まったく酸っぱくないのがすごい。出汁氷も相まって、濃厚なのにさっぱり食べられます

 

ちなみに、つるとんたんの公式サイトを見てみると、公式サイトではすだちのうどんはこんな感じで表示されています。

 

f:id:kikkafe:20180819130359j:plain

出典:http://www.tsurutontan.co.jp/summer/detwlw2c.html

 

これ、インターネットで見てみると、どうやら同じ名前のメニューでも店舗によってメニューの提供の仕方が違うよう。わたしは、味が薄まってしまうかき氷タイプよりも、トップシェフで出てきた出汁氷タイプのほうが好きなので、ちょうどよかったなと。

 

ほかのつるとんたんに行った方でも、同じメニューを違う形で楽しめるなんて楽しみ方ができるのもつるとんたんならではですね。

 

サイドメニューもなかなかのお味

つるとんたんでは麺2玉まで無料で大盛にできるらしいのですが、1玉でもかなりのボリューム。正直、女性だと食べきれない人もいるかもしれません。

 

とはいえ、わたしは小食事情など知らぬほどの食いしん坊。麺こそ1玉で済ませましたが、せっかくなので追加でサイドメニューのお稲荷さんをオーダー。

 

 

f:id:kikkafe:20180819123906j:plain

 

こちらはサイズ感がなかなかわかりづらいかもしれませんが、一つがだいたい子供の握りこぶし程度のサイズぐらい。2個とはいえ、そこそこ重量感のある見た目をしています。

 

お味のほうも優しい醤油の味付けがたっぷりと染みた具とごはんの相性がばっちりで、なかなか美味しい。すだちのおうどんのさっぱり感に比べると、こちらは甘さのあるジューシーなごはん。

 

ストレートにおいしい組み合わせ。

 

うどんだけだと飽きてしまわないか心配…という方は、麺を増やさずにサイドメニューを頼んでもいいかもしれませんね。

 

今回は、これで十分満足してしまったのでスイーツは食べられませんでしたが、わらび餅などうどん屋さんらしい和スイーツもお楽しみいただけます。

 

大阪観光の際は、ランチに、ブランチに、ディナーにと、つるとんたんの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。