名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

豊橋でフレンチならアモンダンがおすすめ!ちょっとしたデートにいかが?

「高級なフレンチが食べたいならホテルでいいし、もうちょっと気軽なフレンチが食べたいな」なんてときに使えるお店があったら素敵。ちょっとだけリクエストをするなら、デートや会食にも使えそうならおしゃれなレストランだったらもっと素敵です。

 

もっと言うなら、お安く、コストパフォーマンスに優れたお店なら最高!

 

そんな希望を満たせるようなレストランが愛知県豊橋市にあります。その名も「アモンダン(AMONDANS)」。フランスで修業してきたシェフが作った古民家レストランです。

 

f:id:kikkafe:20190522133347j:plain

 

  • 豊橋で有名なフレンチレストラン「アモンダン」
  • 外見は古民家、内装はおしゃれなレストラン
  • お料理モリモリ!気分はフレンチというよりビストロ?

豊橋で有名なフレンチレストラン「アモンダン」

きっかけは豊橋の知人からのワイン会のお誘い。

 

「せっかくならシェフの料理を食べながら、ワインを飲んでみないか?」とお声がけいただき、一も二もなく賛成。さっそくアモンダンに予約を取っていただくことに。

 

わたしは知らなかったのですが、こちらのお店。豊橋では有名なフレンチレストランだとか。

 

基本的には、プリフィックス制(コース料理の内、品目の一部を変更可能なもの)でコースから選ぶことになるそうですが、今回はワイン会ということで、以下のコースからデザートとお茶菓子は抜きにしていただきました。細かい要望が出せるのはありがたい。

 

Aコース4,350円

▪ 口取り

▪ 前菜

▪ 魚料理 or 肉料理

▪ デザート ▪ お茶菓子

 

事前にワインをアモンダンへ送っておき、楽しみに向かいました。

続きを読む

名古屋から鳥羽への一番お得なアクセス方法は!? JRと近鉄と高速バスならこれがおすすめ!

本州で唯一ジュゴンのいる「鳥羽水族館」や海水浴場、温泉旅館などもあり、近くには伊勢神宮などの有名観光地もある鳥羽市

 

名古屋からも訪ねる人は多く、名古屋ー鳥羽間は、自家用車以外にも高速バス、JR、近鉄と多くのアクセス方法がそろっています。

 

そんな鳥羽市ですが、お得に行く方法を知っているかどうかで往復最大4,000円近くも移動料が違うのはご存知でしょうか?そこで今回は、名古屋ー鳥羽間の公共交通機関を使ったアクセスについて一番コスパがいいのはどの方法かをご紹介します。

 

f:id:kikkafe:20190517144250j:image

f:id:kikkafe:20190517144247j:image

 

それぞれのアクセス方法の料金比較

名古屋―鳥羽間を"普通"になんの割引も使わず移動した場合、以下のようなアクセス方法があります。

 

 

JR快速みえ(指定)

近鉄特急(指定) 近鉄快速 高速バス
料金 2,970円 3,030円 1,690円  2,200円
時間 1時間49分 1時間36分 2時間半 2時間以上
制限 特になし 特になし 3,030円 前日までに予約必須

※料金は大人一人あたり片道料金

 

こうしてみると、名古屋ー鳥羽間の移動としては、高速バスはあまり魅力的とは言えません。事前に予約が必須な割にはそれほど安くありませんし、なにより便数も限られています。

 

また、近鉄の鈍行で行くのも乗り継ぎが必要なうえ、3時間もかかるので、よほど電車旅が好きでもなければおすすめしません。基本的に名古屋から鳥羽へ向かうなら、「JR快速みえ」「近鉄特急」がおすすめです。

 

では、これらの割引切符を見てみましょう。

続きを読む

【2018年版】名古屋にオープンしたスペシャルティコーヒー専門店!今年はコーヒースタンドが多めか!?

2017年にもご紹介した「新オープンのスペシャルティコーヒー専門店」たち。

 

 

最近の名古屋では、ベーカリーやレストランなど、食事がメインのお店でもスペシャルティコーヒーを使用しているお店が増えています。

 

スペシャルティコーヒーはもう一時期の流行りではなく、コーヒーのスタンダードのひとつになってきたと言ってもいいかもしれません。

 

カフェラテ

 

ただ、いくらスペシャルティコーヒー専門店まとめと言っても、そんなお店全部を取り上げるわけにもいかないので、「コーヒー屋を自称」していたり、「自称はしていないけど、コーヒー器具などに力を入れている」お店を中心に、2018年に名古屋で新オープンしたスペシャルティコーヒー専門店を取り上げていきます。

  

  • adedge(アデッジ)
  • BENCH COFFEE STAND(ベンチコーヒースタンド)
  • SUIDOMICHI COFFEE(スイドウミチコーヒー)
  • OVER COFFEE and Espresso(オーバーコーヒーアンドエスプレッソ)
  • LIT COFFEE(リトコーヒー)
  • 名古屋の2018年のコーヒー事情
続きを読む

平針駅で美味しいコーヒーが飲めるカフェ「BENCH COFFEE STAND」がおしゃれで素敵な空間でした

「喫茶店文化」といわれる名古屋。

 

ただ、そんな名古屋でまだまだ少ないのがコーヒー専門店

 

もちろん地方に比べれば、コーヒー専門店は多いほうではありますが、大阪や東京、福岡なんかに比べると、コーヒーのテイクアウトカップ片手に街を歩いている人なんてほとんど見ません。

 

そんな名古屋に、今年新たなコーヒー専門のカフェ"コーヒースタンド"が登場しました。その名も「BENCH COFFEE STAND(ベンチコーヒースタンド)」。地下鉄平針駅から徒歩1分の場所にできた新しいコーヒー専門店です!

 

デザイナーがデザインしたおしゃれな空間

BENCH COFFEE STANDがあるのは平針駅の一番出口から1分ほど歩いた場所。

 

名古屋市民なら、平針運転試験場に行くときに利用することが多い出口なので、ご存知の方も多いでしょう。

 

そんな駅から大通沿いを歩いていくと、マンションの1階にCOFFEEの文字が見えてきます。これがBENCH COFFEE STANDの入り口。

 

f:id:kikkafe:20181023073933j:plain

続きを読む

豊橋観光におすすめ!路面電車で観光スポットを巡りましょう!乗り方やフリーパスなどお得な乗り方もご紹介

豊橋には全国的にも珍しい"市電"と呼ばれる路面電車が走っています。

 

路面電車は乗るだけでも観光として楽しいのですが、電車を降りた先にも豊橋の観光スポットがあります。豊橋に住んでいる方でも市電に乗って出かけると、街が普段と違って見えたりするのでおすすめですよ。

 

今回は、そんな豊橋市民の足である市電の乗り方や、おすすめの観光スポットについてご紹介します。

 

市電の乗り場や乗り方は?

市電の乗り場は豊橋駅の東口を出て、階段を降りた先にあります。豊橋駅東口を出ると、市電が見えるので、すぐに分かるでしょう。

 

市電の乗り方はとってもシンプルで簡単です。車両前側の入り口から乗って、真ん中の出口から降りる。乗り込むときに、運賃を備え付けの料金箱に投入するシステムです。バスと一緒です。

 

市電の運賃はどこまで乗っても1回大人150円、こども80円。ICカードにも対応していて、manacaを始め、Suicaなど相互可能な10種類のICカードに対応しているのも便利なところですね。

 

または、豊橋駅前と競輪場の前だけにある券売機を利用するのもおすすめです。

 

f:id:kikkafe:20170506143449j:plain

続きを読む