名古屋で暮らす

名古屋で暮らす日々や名古屋外での旅行体験などをご紹介します。

MENU

名古屋から鳥羽への一番お得なアクセス方法は!? JRと近鉄と高速バスならこれがおすすめ!

本州で唯一ジュゴンのいる「鳥羽水族館」や海水浴場、温泉旅館などもあり、近くには伊勢神宮などの有名観光地もある鳥羽市

 

名古屋からも訪ねる人は多く、名古屋ー鳥羽間は、自家用車以外にも高速バス、JR、近鉄と多くのアクセス方法がそろっています。

 

そんな鳥羽市ですが、お得に行く方法を知っているかどうかで往復最大4,000円近くも移動料が違うのはご存知でしょうか?そこで今回は、名古屋ー鳥羽間の公共交通機関を使ったアクセスについて一番コスパがいいのはどの方法かをご紹介します。

 

f:id:kikkafe:20190517144250j:image

f:id:kikkafe:20190517144247j:image

 

それぞれのアクセス方法の料金比較

名古屋―鳥羽間を"普通"になんの割引も使わず移動した場合、以下のようなアクセス方法があります。

 

 

JR快速みえ(指定)

近鉄特急(指定) 近鉄快速 高速バス
料金 2,970円 3,030円 1,690円  2,200円
時間 1時間49分 1時間36分 2時間半 2時間以上
制限 特になし 特になし 3,030円 前日までに予約必須

※料金は大人一人あたり片道料金

 

こうしてみると、名古屋ー鳥羽間の移動としては、高速バスはあまり魅力的とは言えません。事前に予約が必須な割にはそれほど安くありませんし、なにより便数も限られています。

 

また、近鉄の鈍行で行くのも乗り継ぎが必要なうえ、3時間もかかるので、よほど電車旅が好きでもなければおすすめしません。基本的に名古屋から鳥羽へ向かうなら、「JR快速みえ」「近鉄特急」がおすすめです。

 

では、これらの割引切符を見てみましょう。

 

 

JR快速みえ

特ダネ4回数券

JR

青春18きっぷ

近鉄週末フリーパス

3日間乗り放題

料金 1,440円 2,370円 1,366円
時間 1時間49分 1時間49分 2時間半
制限

4回券であること

指定席は別途指定

期間限定

指定席は別途指定

利用日に制限有

前日までに要購入

特急券は別途購入

※料金は大人一人あたり片道料金

※青春18きっぷと近鉄週末フリーパスに関しては1日あたりの利用料

 

近鉄週末フリーパスが一番安く見えますが、ここには特急料金(1,320円)が含まれていません。それを含めると2,686円なので、時間・価格的に一番コスパがいいのは「JR快速みえ 特ダネ回数券」になります。

 

ただ、それぞれのチケットをうまく利用すればもっとお得になったり、それぞれのチケットにいろいろ制限があるので、そのあたりをもう少し細かくみていきましょう。

 

鳥羽へアクセスするだけならJRが一番お得!

全体的に「名古屋から鳥羽へアクセスするだけならJRが一番割引率が高く、コスパがいい」でしょう。

 

「最速の近鉄特急に比べ、13分ほど到着が遅い」

「JRの本数は近鉄より少なめ」

「自由席料金なので座れない可能性もある」

 

というデメリットがありますが、それでもコスパは断然いいほう。ただ、条件によってはJRよりも近鉄がコスパがよくなることもあるので、もう少しそれぞれの切符の特徴と注意点を見ていきましょう。

 

【青春18きっぷについて】

青春18きっぷを使って名古屋ー鳥羽間を1日で往復する計算だと、1回あたり1,185円という驚異的な金額に!

 

しかも、鳥羽へ行った帰りに伊勢神宮を訪ねたり、四日市でトンテキを食べるなんて旅行もできちゃいます(時間的に厳しいかもしれませんが……)。青春18きっぷが使える期間なら、間違いなく最安のアクセス方法です。

 

青春18きっぷについて

 

【青春18きっぷの注意点】

青春18きっぷは期間限定での発売になること、5回分の回数券なので1回使いきりではないことなどの注意点があります。また、JR快速みえは2両編成なので青春18きっぷ期間は込み合うのもデメリットでしょう。

 

【JR快速みえ 特ダネ4回数券】

青春18きっぷとは違い、いつでもお得に乗れるのが「JR快速みえ 特ダネ4回数券」です。こちらはいつでも使えるのが特徴!しかも、"名古屋市内"ならどこからでも乗れるので、たとえば大曾根や金山駅から乗ってもいいのです!

 

f:id:kikkafe:20190517144612j:plain

JR快速みえ特ダネ4回回数券 

 

指定席料金は入っていないとはいえ、これで片道1,440円は破格の安さ!鳥羽市内に一泊するつもりなら、青春18きっぷよりも安く利用できるでしょう。2名で利用するなら、絶対に一番おすすめです。

 

【特ダネ回数券の注意点】

4回の回数券なので、1人だと使いきれない場合も……。ただ、名駅周辺の金券ショップを探すと、特ダネ回数券を1枚1,540円で販売している金券ショップもあります。[2019年5月現在]

金券ショップで探す手間を惜しまなければ、お一人での利用もおすすめです。

 

鳥羽以外の目的地も含めるなら近鉄もあり!

三重県内に強い近鉄ですが、名古屋ー鳥羽に限って言うなら、JRのほうが全体的にコスパよさげ。

 

ただし、近鉄のなによりの強みは本数が多く、JRでは利用できない時間も利用できる便の良さです。しかも、近鉄も使い方次第ではJRよりもお得に、お安くアクセスできるのです。

 

【近鉄週末フリーパス3日間乗り放題】

近鉄全線が3日間フリーで利用できるフリーパスは、料金4,100円で販売されていますので、1日あたりで考えると1,366円と最安の切符となります。ただし、特急料金が入っておらず、特急料金も含めると1回あたり片道2,686円となってしまいます。

 

f:id:kikkafe:20190517144736j:plain

https://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/weekend_free/

 

ですので、この切符の強みは単純な名古屋ー鳥羽間の安さというよりも、3日間を使って周辺の観光地を周れること、鳥羽以外の観光地にも行けることでしょう。二見シーパラダイスや伊勢神宮など、近鉄で旅行するならおすすめの切符です。

 

【注意点】

このフリーパスの注意点は"前売り限定"であること。事前に近鉄の売り場で購入しておく必要があるので、近鉄駅の少ない名古屋では少し手間です。また、"週末"フリーパスの名が指す通り、"金土日"か"土日月"の3日間でしか利用できません。

 

「休みに目いっぱい三重や奈良、大阪を楽しみたい!!」方向けの切符なので、「名古屋ー鳥羽間を移動する」のが目的な方はやっぱりJRみえの割引切符のほうがおすすめです。

 

【その他の近鉄割引きっぷについて】

近鉄週末フリーパス以外にも、名古屋ー鳥羽間のチケットについて、近鉄からは以下のようなお得な割引切符が販売されています。

 

鳥羽水族館割引きっぷ

伊勢神宮参拝きっぷ

まわりゃんせ | 伊勢志摩のお得なきっぷ | 近畿日本鉄道

志摩スペイン村 パルケエスパーニャ・フリーきっぷ

 

ただ、どれも名古屋ー鳥羽間の移動だけに絞ってみるなら、JR快速みえ特ダネ4回回数券よりは高くつきます。また、「まわりゃんせ」以外は、近鉄に事前に買いに行くのも面倒です。

 

「名古屋ー鳥羽」をただ移動するならJR。「名古屋ー鳥羽以外の伊勢志摩全体を観光する」なら近鉄もアリぐらいに覚えておくとよいでしょう。